シューズは歩きやすいくてファッション性も大事です。

最近は、見た目もファッションな感じで歩きやすい柔らかい平なシューズが一番だと思っています。数年前、ヨーロッパへ旅行をした時、向こうは石畳の道路が多く、その時はいていった靴は底が薄めの柔らかい皮のシューズでしたが、とても歩きやすく何処までも歩いて行けるという気がしました。道路の石畳のおうとつが少しあるので、足裏のマッサージをしているような気分にもなりました。マラソンもアスファルトのような道路よりも、普通の道の方が良いらしいです。実はヨーロッパへ履いて行ったシューズはずっと旅行へ行く前から慣らせる為に履いていました。どんなに歩きやすいような靴でも新しい靴は足が痛くなって来ることがあります。

あの旅行の後、新しく買うときも似たようなファッション性もあって柔らかいシューズを買うようになりました。完全に同じような靴はありませんが、似たようなシューズを探しては履いています。人間、歩く事は頭脳を健康に保つ秘訣でもあるというのは良く分かります。足の裏には大事なツボがあり、それで歩く度に脳を刺激しているそうです。人類は歩き初めて急に知能が発達をしたという話です。普段から歩く事が楽しくなるようなそんなシューズが理想だと思っています。

おすすめ!

Copyright (C)2017シューズを制するものはファッションを制す.All rights reserved.